提愛斯數碼(上海)有限公司(以下「當社」)は、かねてより個人情報保護方針や情報セキュリティ方針を定め、個人情報保護に向けた活動を 実施しております。本ページにおきまして、當社の個人情報保護への取組みについて明確にさせていただき、更なる改善を図って參りたいと考えております。當社の取組內容をご確認いただくとともに當社へのますますのご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

1. 個人情報の収集は、収集目的を明確に定め、適法かつ公正な手段によってその目的の達成に必要な限度において行います。

2. 個人情報の利用及び提供は、情報主體が同意を與えた収集目的の範囲內で行います。

3. 個人情報を、業務を円滑に進める等の理由で第三者に預ける(預託する)場合は、十分な個人情報保護の水準を備える者を選び、契約等によって保護水準を守るように定め、適切に取り扱います。

4. 個人情報に対するリスク(個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩など)を認識し、リスク防止のための社內基準や責任體制を確立し、合理的で適正な安全対策を講じます。

5. 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、自ら保有するすべての個人情報を特定するための手順を確立し、維持します。

6. 個人情報保護のため、コンプライアンスプログラムを策定し、個人情報保護に必要な教育、監査を徹底し、全社に浸透させ、遵守させます。

7. 個人情報の適切な保護體制を維持するため、経営環境などに照らして、定期的にコンプライアンスプログラムの見直しを行います。

8. 個人情報が持つ、情報主體に対する影響度を厳粛に受けとめ、その個人及び社會的影響による不利益を正しく理解します。

9. 個人情報の漏洩による會社及び情報サービス企業全體に対する不利益を正しく理解します。